こんなに小さかったんだ

PR| 断熱材のおすすめサイト|

この夏、叔父の家に訪問しました。

私は高校生の時に父の仕事の都合ではるばる九州まで引っ越してしまいましたし、他にもいろいろあって、この家に来たのは実に10年ぶりです。

私が小さいころ、祖父母がこの家に叔父と同居していた時代には、月に一度は必ず遊びに来ていたものでした。

ずいぶん長いことお無沙汰してしまったものだと、感無量でした。

そして叔父には絶対に言えませんが、家に入ってまず「あれ?この家ってこんなにちいさかったっけ?」と驚きました。

思えば、私の記憶の中のこの家は、主に小学生の視点からのものだったのですね。

10年が経って私の身長もだいぶ伸びましたから、家の大きさはそのままのはずなのに、びっくりするくらい狭く、天井も低く感じます。

にこにこしながら私を迎えてくれる叔父は、10年前よりボリュームアップしていましたが・・・。

ちっちゃくなってしまった思い出の家は、それでも昔と変わらず居心地のいい空間でした。

今度は10年もあけずに、また訪問したいと思います。